日々感じたことを書いています。

パトリオットが発射された場合

市ヶ谷の防衛省にもパトリオットが準備されたのを報道で見た。テポドンがコントロールを失い、都心に向かったときに発射するのだろうが、発射した後で何が起こるのだろうか? 防衛省は何が起こると想定しているのか。 命中した場合に発生する被害の方が、発射しない場合よりも、大きいのでないのかと軍事素人は思うのだが、実際はどうなのだろう? ミサイルが当たれば、すべてが蒸発するというわけではない。爆発により、無数の焼けた金属片の残骸が生じるはずだ。そしてその下には民家が広がっている。したがって、

1.爆発したテポドンとパトリオットの破片が散らばることにより、迎撃しない場合の点の被害から、数キロ四方の面の被害へと拡大する
2.しかもその破片はテポドンからのものに加えて、パトリオットからのものも含めるため倍増する

と思うのだが、杞憂なのか?

今回は、北朝鮮は人工衛星と主張しているが、その通りであれば、テポドンは金属の塊であろう。撃墜する場所は、パトリオットの射程距離から考えると市ヶ谷の西方20キロ以内の空中となるだろう。仮に命中するならば、テポドンとパトリオットから出た焼けた金属が四方へ散らばることになる。練馬区とかの上空だと思う。これで防衛になるのか? 政府関係者のいうように、命中しない場合は、テポドンの着弾点と、パトリオットの着弾点の2箇所の被害が生じるし、迎撃しない場合は、テポドンの着弾点のみの被害となる。

撃墜した場合の被害の方が遥かに甚大に思えるのだが、違うのか。 仮に、核を積んだミサイルが都心に飛んでくるのであれば、迎撃は理解できる。しかし金属の塊が飛んでくる場合に、都心上空で迎撃してよいのか? 
プロフィール

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード