日々感じたことを書いています。

定額給付金で経済成長ってか?

自民党のマニフェストが発表された。それによると、今後2年間は経済対策に重点投資を続けることで「2010年度後半には年率2%の経済成長を実現する」ことを明記しているという。呆れた話だ。

日本の不況は泥沼である。失業率が5.4%になって、年末には6%に達しようとしている。これは、自公の経済政策の結果だ。麻生が、行った「みぞゆう」の経済対策が何であったかというと、あの定額給付金のばら撒きであった。愚かなるばら撒きで、税金を2兆円も使った。2兆円使って、失業率が少しでも良くなったのか?国民の給与が上がったのか?エコ減税という、反エコ減税もあった。車を買うのがなぜエコか、車に乗らないのがエコだ。販売台数から考えると、車を買い換える人は百人中1~2名くらいだ。その人たちだけ30万円だかの補助金対象となる。つまり、98~99名の大半の人は税金の払い損だ。この補助金は、自動車メーカの販売促進金であるから、税金を自動車メーカに寄付したものに過ぎない。それをエコだとかいう言葉で、実態を誤魔化している。エコ関連もこれまた2兆円という散財である。

経団連会社への金のばら撒きでしかなく、一般国民には何の経済効果もない税金のばら撒きだけが麻生自慢の経済対策である。自公の経済政策とは、有効なる経済対策を行わない無為無策を被い隠すための人気取り政策でしかない。自公の愚かさにより、日本の実態経済は悪くなった。6月の有効求人倍率は0.43倍であり、この1年で半分ほどまで落ちて、まだ落ち続けている。

「税金ばら撒きで、年率2%の経済成長を実現します」というのが、自民党のマニフェストだ。お友達のカルト信者以外で、誰が信じるのか?
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード