日々感じたことを書いています。

ウクライナのインフルエンザ

恐怖というものは、恐怖の真っ只中にいるよりも、恐怖が襲ってくるかもしれないと思い待っている不安な状況の方がたちが悪い。そのために、不安の中で待っているときに、恐怖が実際にやってきたとの噂があると、つい信じてしまいがちになる。

インフルエンザだが、日本では、既に患者数が1000万にを突破した。一部の地域では流行のピークを過ぎている。東京でピークを迎えた後は、日本全体での週単位の患者数のピークは超えることだろう。だが、これだけ蔓延すると、その感染力の強さから、新型が悪性に変異したときの怖さというものを感じてしまう。

そのような不安からだろうが、一部で、ウクライナでH1N1が変異したとの噂が出ているようだ。元になるソースは、WHOの
On Wednesday, 4 November 2009, five members of the WHO mission in Ukraine arrived in Lviv, in the western part of the country. Lviv is one of the most affected regions, with more than 100 000 people reportedly sick with influenza-like illness.

11月4日、ウクライナWHOの5人のメンバーがウクライナ西部のLvivに到着した。そこでは、報道によると10万人以上の人がインフルエンザのような病気になっている。

の記事のようだ。記事中の「インフルエンザのような」という言葉から、病名が特定されていないことがわかる。だが、これは新型インフルエンザが変異したことを意味しない。あくまでも特定がされていなかっただけのことだ。

その後、WHOの検査が行われ、その記事を読むと、病名はH1N1と特定され遺伝子には変異はないようだ。
7 November 2009 -- Preliminary tests reveal no significant changes in the pandemic (H1N1) 2009 virus based on investigations of samples taken from patients in Ukraine. Analyses are being performed by two WHO influenza collaborating centres as part of the global influenza surveillance network.

2009年11月7日 予備テストの結果で分かったことだが、ウクライナの患者から取ったサンプルの検査に基づきパンデミック(H1N1)009ウィルスに優位な変化はなかった。解析は、全世界インフルエンザ監視ネットワークの役をもつ2つのWHOインフルエンザ協力センターで行われている。

従って、11月4日付けのWHO記事をソースとするものの、誤った推測を混ぜた事実に基づかない話は信じなくて良い。
プロフィール

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード