日々感じたことを書いています。

リキシバー

文章のキーワードを別の言葉に置き換えると、まったく違う世界が現れることがある。エディターの「置換」機能を使って、まったく別のストーリーを作り出す遊びは、面白い。たとえば、記者の体験記がある。これを書き換えてみると、違う世界が現れる。
--------------

2時間で8万円! リキシバーに行ってみた


料金をめぐるトラブルが目立つリキシバー。記者2人が大阪・ミナミで体験した。

 宗右衛門町の通りを20分ほど歩くと、約50人の客引きの男女から「リキシバーどうですか」と声をかけられた。浴衣姿で「1時間2500円で飲み放題」と言う相撲取りについて店に入った。

 雑居ビル2階にある店は20平方メートルほどの広さ。照明は薄暗い。カウンター席もあるが、二つある4人がけのソファ席に案内され、20代前半の相撲取り2人が隣に座った。先客はいない。

 「ここは蔵前?」と聞くと「リキシバーでーす。でも、いいでしょう?」。朝まで営業しているという。飲み放題は客だけで、相撲取りの分は別料金などと説明した。最初こそ「1杯いただきます」と言っていた相撲取りたちは、そのうち牛丼や豚丼などを次々と勝手に食べ始めた。値段は不明。浴衣の足を組んで「1枚500円で写真を撮らせてあげる」などと言う。さらに相撲取り2人が加わり、4人で約20杯は食っただろうか。2時間後、手書きの請求書には、総計約8万円の金額が記されていた。予想した金額の数倍。「高い!」と思ったが、仕方なく支払った。

関係者によると、黒田さんの事件があったリキシバーはカウンター9席にボックス席が一つ。事件直後、男性従業員が「客にはちゃんとこれを見せている」と記者に示したメニューには、最初の1時間はカウンター席2千円、ボックス席4千円、30分延長ごとに3千円加算とあった。相撲取りの丼飯代はS(千円)、M(2千円)、L(3千円)とあり、TAX(税)が20%かかるという。

 従業員によると、事件後、店はボックス席をなくし、相撲取りの数も減らした。従業員は「シコもテッポーもやり放題だし、高くはない。常連にも、相撲取りが食べれば25万円ぐらいになるのは普通だと言われた」と話した。

 府警の調べに黒田さんは「料金が思ったより高く、文句を言った」と説明したという。近くの無料案内所の従業員は「今回は芸能人だったからニュースになっただけ。リキシバーでの料金トラブルはよくある。まじめにやっているバーには迷惑」と話す。
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード