日々感じたことを書いています。

ヤラセ事件での海江田の責任

保安院が電力会社にやらせを指示してきたことが明らかになっている。最初、九州電力のヤラセ事件が明らかになったときに、経産官僚の代弁者海江田が、九電社長は辞任が当然だなどと偉そうなことを言っていたが、九電のヤラセ事件も保安院からの指示があったのではないか。黒幕は経産省でないのか。電力各社に指示をしていて、常習的と思えるので保安院が、そのときだけやっていないというは考えにくい。

原子力安全・保安院とはHPによると、「原子力安全・保安院は、右に掲げる各分野のエネルギー施設や産業活動の安全確保を使命とする国の機関です。たゆまず「安全」という永遠のテーマに取り組んでいきます。」とある。原子力発電の安全確保が職務であって、原子力推進の世論操作は職務ではない。彼らのやらせ活動により、賛成派が多数派という結論を導きだし、各地の原子力発電所にプルサーマル導入を計ってきたわけだ。福島第一の3号機もプルサーマルを導入し、きのこ雲の爆発を引き起こしていた。職務とは異なることを行い、日本を危うくしたわけだ。保安院の存在意義は無いし、保安院の情報操作活動に彼らに税金から給料を払い続ける理由もない。 

原発の安全の保安はできない保安院が、保安の代わりに、原発推進という世論誘導を主な仕事としてきたわけだが、彼らの活動は保安院独自の考えでやっているわけでもあるまい。上から命じられてやったことであろう。上の責任者は海江田になるのだが、海江田はやらせ事件の責任をどう考えているのか。
プロフィール

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード