日々感じたことを書いています。

手の重ね方

二週間に一度くらいのペースで、スポーツジムの太極拳のコースに参加している。太極拳の初級者用コースで、16式というものをやっている。二週間に一度というペースは、前回やったことを完璧に忘れてしまっているペースなのでなかなか覚えられない。だが、別に型の試験があるわけでもないので、その時間ゆっくりと動ければ良いと思って続けている。太極拳では、立った姿勢のときに、手のひらを重ねて手のひらを内にむけ丹田のあたりに置くことがある。空手の型でもこれを行うが、左右の手のひらのどちらを身体に近い方に置くべきかは、空手のときはあまりやかましく言われた記憶がない。最初指導されたかもしれないが、何となく右を手前にしていた。だが、太極拳では、男は左手を手前に置くべきで、女性は反対に右手の上に左手を重ねるということを、きちんと指導された。クラスが終わった後で、中国人の太極拳の先生にその理由を尋ねてみた。太極拳でこのような決まりがあるのは、気功からきているのだという。気功は陰陽論の流れを汲む。陰陽論では、人の身体の左が陽で、右が陰とされる。男女は男が陽で、女性が陰だ。陽である男の場合、陽の左手を身体に近い方に置くことがより身体に良いというのがあるそうだ。そのため、太極拳では手の重ね方が男女で違うのだそうだ。ただ、ぼくは「気」というものはよくわからない。太極拳のもうひとつのキーワードである「呼吸」は何となくわかる。ヨガも気功もともに呼吸を大切にする。深呼吸をすれば横隔膜が上下してそれが内臓をマッサージする。それが深呼吸の実質的効果だろうと思うから、呼吸は意味があるのだろうと思う。確かに、深呼吸をすれば血圧は大きく下がる。もっとも呼吸という無意識に行っていたことを意識し始めると妙なことになる。丹田辺りに空気を送り込みなさいと言われるのだが、息を吐きながら一生懸命お腹を膨らまそうとしていて息苦しくなったりする。理解することと実践することは違う。気功の中で手のひらを相対させて動かす動きがある。それを続けると、その中国人の先生は、手のひらが温かくなってくるという。その手のひらをお腹にかざせば、お腹も暖かくなり何らかの効果が生まれる仕組みなのだろうと思う。だが、男女がかざすべき手のひらの左右で違うといわれると、ぼくの理解の届かないことになる。理屈はわからないのだが、少なくとも手のひらが暖かくなれるような練習をするほうが先であろう。その上で右手と、左手を重ね直してみて体調の違いを感じてみれば、その差が陰陽の差なのだろう。
コメント
キーワード検索で辿り着きました
こんにちは。
記事、大変興味深く拝見しました。
私は、気功初心者なのですが、本やDVDで習うだけで、直接道場には通っていません。
疑問が色々と湧いても、訊く師がおらずネットで答えを探している次第です。
さて、私も気功における男女の型の違いが、とても気になっています。
もし、男性が女性の型を行った場合、長期的に見てどうなるのか。
陰陽二極、男女もまた二極なので、左右優劣あっても不思議ではないのですが、副作用が不明瞭ですよね。
またニューハーフ等、お姉系の方々はどちらを選ぶべきなのかとも考えてしまいます。
2017/09/06(水) 09:18 | URL | 気功初心者 #KbC.3nu2[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード