日々感じたことを書いています。

大学崩壊の時代

大学設置・学校法人審議会が1日に来春の開学認可を答申していた秋田公立美術大、札幌保健医療大、岡崎女子大(愛知県)の3件の4年制大学を不認可とした。

とのこと。来年開校予定であった3大学が、この時期に3校も開校を認められなかったということは、過去には無かったかと思う。電脳奮戦記」さんによると、

2012/06/24(日)
「大阪総合漫画芸術工科大」の認可申請取り下げに続いて、このほど「統合医療大学院大学」の不認可が決まった。この時期に「不認可」とは異例だが、これは「早期不認可」という制度による。今回のケースが適用第1号だという。これで、今年4月の申請時に「4大学1大学院」だったものが、残るは「岡崎女子大学(仮称)」を含む「3大学」だけになってしまった(汗)
http://nob.internet.ne.jp/private/diary/diary.cgi

というから、今年4月に大学・大学院の新設を申請していた所が全て大学になる夢が潰れたことになる。来年4月開校を予定していた大学のHPは次から読むことができる。それぞれ設置準備室が置かれ、半年後の開校を待ちわびていたことだろうことと思う。

(1)札幌医療大学(http://www.sapporo-hokeniryou-u.ac.jp/)
その母体の
専門学校 北海道保険看護大学校(http://www.yoshida-kango.jp/)
(2)秋田公立美術大学(http://www.amcac.ac.jp/aua/index.htm)
(3)岡崎女子短期大学(http://www.amcac.ac.jp/aua/index.htm)

気の毒であるとは思うが、もはや人口が減少する日本において新規の大学は不要だと思う。既存の大学が、定員が確保できず、廃校に追い込まれていく時代である。大学も、学生の集まらない学部は廃部にして、学生の集まる学部に集中していくしか生き残れない時代である。海外からの留学生も、今の政府の、対中、対韓政策では、やってくるはずがない。

卑怯なのは文科省だ。これまで無計画に新設大学を許可しておきならが、そのせいで、大学が実際に潰れ始めると、「許可しません」と、突然方針変更をした。文科省の態度豹変の理由は、責任逃れ以外はあり得ない。これまで何のビジョンも持って来なかったから、突然の方針変更が起こる。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【大学崩壊の時代】

大学設置・学校法人審議会が1日に来春の開学認可を答申していた秋田公立美術大、札幌保健医療大、岡崎女

まとめ【大学崩壊の時代】

大学設置・学校法人審議会が1日に来春の開学認可を答申していた秋田公立美術大、札幌保健医療大、岡崎女
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード