日々感じたことを書いています。

壱岐の地形

壱岐の形はほぼ円形に近い。円の直径は20キロメートルくらいだろうか。島の山の高さは最高峰が200メートル台ということで、低い丘しかない。これは500メートルを超える山が連なる対馬との違いだ。魏志倭人伝に書かれてた一支国と特定されている原(はる)の辻遺跡を見学に行った。遺跡の周りには、水田が広がっていて、広い平野だと思った。実際、長崎県では、諫早干拓の人工的な平野が現れる以前では、県では最も広い平野であったらしい。島に、このような広い平野があったことは不思議だが、その平野の生み出す米が一支国を誕生させたであろう。

山もせいぜい200メートルほどのほぼ平坦な地形のため、元寇の際は島民は隠れる場所がなく、島民の殆どが虐殺され、人口はわずか六十数名まで減少したという。モンゴル側は、壱岐を太宰府攻撃の拠点にしたかったのであろう。逆に豊臣秀吉の朝鮮出兵の際には、唐津の名護屋城の次の拠点の城は壱岐島に作られた。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード