日々感じたことを書いています。

ISIS攻撃支持の結果は

ISIS攻撃の後に、アメリカ人やイギリス人人質が殺害された。その後ISISの爆撃に参加したフランスであったが、アルジェリアで人質となったフランス人が殺害された。ドイツは攻撃に支持をしただけだが、フィリピンでドイツ人が人質となっている。

中東だけではない、アフリカだろうとアジアであろうとISISの支持者はいて、そこに旅行する旅行者が、いつ人質になり殺害されるかわからない状況である。世界中で人質になる危険性がある。

このような状況で、安倍は「日本は米国を含む国際社会のイスラム国に対する戦いを支持している」と表明した。イスラム国による攻撃を「強く非難する」と述べている。一連の流れを見ると、次のターゲットの一つは、世界のどこかを旅行する日本人となる可能性が高くなった。

ISISの問題を引き起こしたのは米国である。すべての責任がある米国はその後始末をする必要がある。米国のシリアに対する一連の関与を考えると、人質殺害以降だけを見て、米国の爆撃を支持するのは、おかしい。でっち上げの罪によるフセイン殺害からの米国の責任も同時に問われるべきだ。その状況を理解する米国は攻撃に他国の関与を求めている。米国の従順なポチである安倍は無条件に米国支持を表明した。このような発言は、日本人を危険に陥れるだけだ。ものを考えることのできない無脳の人の、無意味な、しかしISISにとって挑発的な発言が日本人の命を奪うことになる。その危険性が増した。

アルジェリアで活動する「イスラム国」分派の武装組織「カリフの兵士」を名乗るグループは24日、人質のフランス人男性(55)を殺害する動画をインターネット上に公開した。
http://mainichi.jp/select/news/20140925k0000m030152000c.html

SITEモニタリングサービスによると、フィリピン南部のイスラム過激派集団アブサヤフが4月以降人質に取っているドイツ人2人について、米国の対「イスラム国」の行動への支持をドイツがやめない限り、殺害すると警告している。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0HJ1RN20140924
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード