日々感じたことを書いています。

獅子身中の虫

朝日新聞の調査によると

衆院選の結果を受けて、朝日新聞社は15、16日に全国世論調査(電話)を実施した。自民が290議席を獲得し、大勝した理由として「安倍首相の政策が評価されたから」を選んだ人は11%にとどまったのに対し、「野党に魅力がなかったから」を選んだ人は72%にのぼった。今後、首相が進める政策については「期待の方が大きい」は31%で、「不安の方が大きい」の52%が上回った。
http://digital.asahi.com/articles/ASGDJ5QVTGDJUZPS00B.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASGDJ5QVTGDJUZPS00B

とのことだ。自民党が勝った理由として、「野党に魅力がなかったから」と見る人が72%もいる。自民党と同じ主張をして自民党に勝てると信じている党首のいる党など、誰が支持するものか。そういう人間は日本のためにも、早く政治を引退して、株で儲ける本でも書いていろ。

かと言って、来年早々にも代表戦を行うそうだが、既存の幹部だと同じ過ちを繰り返すことは目に見えている。既存幹部は、自民党に地すべり的勝利をもたらすことしかやってこなかったことからも考えるならば、自民党独裁のために民主党に送り込まれた自民党のスパイでないのかとさえ思える。スパイでないにしても言動のすべては自民党勝利に貢献することばかりだ。民主党若手は、これらM政経塾出身者幹部から、追い出すか出て行くかして、離れるべきだ。M政経塾出身者幹部の主張とは自民党の主張の復唱でしかない。こういう連中がいる限り、民主党は消滅しかない。

今回の選挙前には、民主党若手と、野党との間で新党結成が動いていたそうだが、ポシャってしまった。自民党とは異なる方針を持ち、自民党と戦える野党があれば、朝日の調査からも分かるように十分戦えたはずだ。ただ、気をつけるべきは、この新党に賛同すると称して、M政経塾出身者幹部がこの新党に紛れ込むことだ。彼は自民党のスパイであるから、参加目的は、自民党の前に新党を潰すためである。政治家であらば、いくらなんでも、彼らの繰り返される行動パターンから分かっていそうなものであるが、分かっていない政治家が多いようだ。それでは新党など作れない。

これからのマスコミの報道方針だが、この獅子身中の虫を賞賛し、新党が仮にできた場合に新党を潰す虫を新党に潜りこませる提灯記事を書き続けることだろうから、新聞さえ見ていれば誰が虫かは明らかになるはずだ。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード