日々感じたことを書いています。

高句麗の服と聖徳太子の服

左は復元されたウズベキスタン・アフラシヤブ宮殿の壁画で、高句麗の使節団を描いたものとされている。(http://japanese.joins.com/article/444/194444.html?servcode=400§code=400) 一方、右は聖徳太子を描いたものとされている。

両者の服装だが、多くの共通点がある。

・袖の長い服に手を隠している点
・黒い帯を見えるようにしてる点
・刀を腰の低い位置にさげている点
・烏帽子を被っている点、ただし高句麗の使節は烏帽子の後部の羽が立っている

日本は高句麗よりも百済と関係が深かったのだろうが、これだけ両者の服装に共通点がある。
taisinofuku.jpg
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード