日々感じたことを書いています。

乙女峠からの富士山

箱根の北側の麓も歩いた。御殿場の市街から、富士山見物の名所という乙女峠を目指して車道に添って登って行った。途中までは車道の横に歩道があって安心して行けたが、途中で道が狭まり歩道が無くなるところがあってそれ以上登るのを断念した。道がくねっていて先が見通せないし、坂道でスピードもでる。そういう場所で車道を歩くのは危険だと思ったからだ。

このような車道に並行に歩道がある場合が多い。たとえば箱根駅伝のコース(車道)とは、並行とまではいかないが、車道を歩かず山道を歩くだけで湯元から芦ノ湖まで行くことができる。そちらの道は詳しいが、この箱根北側は初めてだったので、山道を見つけることができなかった。旧街道などは山道として保存されている場合が多い。道祖神などがあり、旧街道であったことがすぐに分かる。

乙女峠だが、名前の乙女の由来には昔話がある。父の病気を治そうと峠にあったお地蔵様に願をかけに毎日お参りしていた仙石原に住んでいた娘さんが、雪の日に遭難して亡くなったという。それを哀れんだ村人たちが、娘さんを弔い、その場所が乙女峠と呼ばれるようになった。この娘さんの優しさが、人の心に伝わり続けて来たのだろう。御殿場駅の南側の出入口は乙女口となっていた。

車道のみの箇所から引き返したときに、御殿場市立の温泉会館というものがあった。500円で入れるので、まだ午前中だったが入ってきた。湯船の大きな窓から富士山が見えた。手前に御殿場の街が広がり、その向こう側に富士山の裾野から雪を被る山頂まですべてが見渡せた。これほど雄大な景色の温泉は入ったことがなかった。素晴らしい温泉であるので、お近くの方はぜひ行ってみてください。御殿場駅からは無料のバスもあります。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード