日々感じたことを書いています。

首相ブレーン曽野綾子惚け全開

「ゆとり教育の母」としておなじみの曽野綾子が相変わらずの異常さ全開で、産経にアパルトヘイトを日本に導入すべきと主張している。こういう主張をすれば、日本が世界から非難されることになるということが、もはや理解できないほど惚けているらしい。掲載した産経は、「いろんな主張があって良い」だの、虚言と真言を同列に扱うという、いつもの産経らしいお笑い主張を繰り返している。案の定、人種差別に敏感な海外の新聞が、曽野綾子の産経での記事を広め始めている。世界から、日本人は、惚け老人曽野綾子的考え方をする国民と誤解されることになる。

曽野は安倍のブレーンであるから、経団連の要望に従う安倍の移民推進政策を支援するのが目的であったと推測される。世界中から非難を浴びた南アフリカに倣い、移民は一箇所に集めるべきだと主張している。南アフリカが手本というのであるから、最近の言動が基地外じみている安倍のブレーンに、実に相応しい。 「類は友を呼ぶ」とはまさに真実だ。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード