日々感じたことを書いています。

廃炉計画相次ぐのだが

経産省が原発を廃炉にする際の減価償却費を、一括計上しなければいけない規則を、分割しても良いという規則に変えるという。その報道が流れた途端、玄海1号機などの40年以上経過し、発電量が50万kWなどの比較的小型の原発の廃炉が次々と決まっている。補修費等を賄う収入が見込めないということで廃炉を決意したようだ。これは米国バーモント州のヤンキー原発の廃炉と、理由としては同じである。

目出度いニュースに思えるが、果たして本当か。比較的新しい100万kW以上の原子炉も廃炉にしなくては、原発を廃止することは出来ないのだがそれは進んでいない。むしろ小さな原子炉を廃炉にすることが免罪符として利用され、大型原発再稼働が進められようとしているように思える。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード