日々感じたことを書いています。

「日本の起源は百済…」との発言に関して

扶余の一部に行ってきたばかりで、韓国李首相の発言に目が止まった。史実のおさらいをしておくと、

百済滅亡 660年
白村江の戦い 663年

となっている。

李首相は「日本で会った熊本県知事も百済崩壊当時、数十万人の百済遊民が九州にやって来たと話した。私が知事だった忠清南道公州(コンジュ)と扶余(プヨ)は百済王朝だった。歴史的真実を見れば日本の起源は百済」と強調した。
http://japanese.joins.com/article/800/198800.html?servcode=A00§code=A10


百済滅亡時には、多くの百済人が日本に来たのだろう。その数が数十万人か数千人かは分からない。そのころの日本の人口は500万人近かった。仮に5万人だと、人口比でいうと、1/100程度だし、50万人だとすると1/10となる。人口比1/10もの難民が来た場合、今の日本でいうと1200万人の難民に対応するが、住宅や食料供給の点でその数の受け入れは難しいのではないか。混乱なく受け入れることの人数は、その当時だと最大数万人ではないだろうか。王族とその家来、およびその家族中心であれば、それ以下であったろう。

仮に百済から来た人の数が数万人であれば、李首相の主張する「日本の起源は百済」は無理があるように思える。1/100程度の人口が日本人の起源になるとは思えない。現在日本に中国系の方が人口比1/100ほどおられると思うが、彼らが将来の日本人の起源になることはない。

任那日本府に関しては議論のあるところだが、朝鮮半島南部と日本との深い関係があったことは間違いない。そうでないと白村江の戦いが説明つかない。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード