日々感じたことを書いています。

常軌を逸した原子力規制委員会

高浜原発での基準地震動が700ガルだという。2007年の新潟県中越沖地震で柏崎刈羽3号機では2058ガルを記録した。新潟県中越沖地震の規模だが、マグニチュード6.8であり、柏崎刈羽の震度は6強であった。マグニチュード6.8クラスの地震というのは珍しい地震ではない。700ガルを設定振動としてもありふれたマグニチュード6.8クラスの地震が来れば、想定の3倍の負荷がかかることになる。

このような事実を鑑みるならば、福井地裁の樋口裁判長の「原子力規制委員会の新規制基準は合理性を欠き、適合しても安全性は確保されない」というのは、如何に真っ当な判断かが分かる。逆に言うと、原子力規制委員会がいかに常軌を逸しているかということだ。彼らの判断というのは科学でない。政治的判断であり、ご都合主義でしかない。世界一厳しいとか、政治的言辞で世間を欺くことしか頭にないようだ。元科学者として、何の誇りもないのだろうか。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード