日々感じたことを書いています。

東京都の空間線量

I氏の記事を引用する

東京には空が無い
とうとう来たか?
「核の冬」

今朝、東京・港区に住む友人から電話があった。
「きょうの東京は快晴のはずなのに、どんよりと重い空です。」

文京区に住むファンからも電話があった。
「空間線量が、0.5マイクロを超えてます。」

ラインのメッセージには、
「埼玉県志木市の空間線量。0.31マイクロ。平常時0.06マイクロ。5倍。高いです。」

志布志市も市街地は、0.13μSv/hから下がらなくなった。

確かにどんよりとした感じの空であったが、これが福島第一から流れてきた水蒸気のせいというのはないだろう。東京では4月8日ころに空間線量の上昇があったので、東京に到着したのはその日だと思う。
文京区での空間線量が0.5μSv/hを超えたという連絡があったとあったので、驚きネット上のリアルタイム値を見たが、それらしき兆候は無い。モニタリングポストの値が例え、全体的に低くなるように設定してあっても、相対的に異常な上昇は見えるはずだが無い。
僕自身でも簡易測定装置で外を測ってみたが0.06μSv/hであった。大きな数値であるが、簡易測定装置の値なので誤差がある。 場所は都内西なので文京区とは離れているが、0.5μSv/hとは桁が違う。0.5μという値は、3・11直後の東京で記録した放射線量の最大値である。 仮に、それが事実だとするとこれまでの最大値と同じ値が今日東京で出ているということになる。I氏の文京区のファンが測定器の値を一桁読みまちがえているのではないか?
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード