日々感じたことを書いています。

MERSはなぜ院内感染のみなのか?

今日もまたMERSの話だが、これまで院内感染以外の感染があったとの報道は2つあった。

①父親がMERSになった息子もMERSになった⇒家庭内感染か?
②MERS患者を運んだ救急車の運転手が感染⇒救急車内での感染か?

ところが、韓国政府発表では「感染者150人は全員が病院内での感染」だそうだ。上記①、②は病院内感染で決着が付いたのだろう。

新たな動きとして釜山市で1人亡くなった。ソウルサムソン病院へMERS患者の知人をお見舞いに行き感染したとのことで、これまた院内感染だそうだ。

なぜ院内感染ばかりなのだろうか? 感染者はMERSを発症して病院に行く前に、多くの人と接触しているはずだ。それにも拘らず、その人達は感染していない。 一方、病院内では、他の人へ感染させている? なぜなのか? 納得しづらい話である。あたかも、病院内に、ウィルスの感染力を増幅するような仕組みでもあるのだろうか。 MERSが潜伏期間中にも感染力があるならば、医療従事者が感染を媒介しているのかもしれない。


釜山市で死亡が確認されたのは61歳の男性です。この男性は、感染者が最も多く発生しているサムスンソウル病院に見舞いに訪れた際に感染したとみられ、釜山市にある病院の隔離病棟で治療を受けていました。韓国では、これまでに死者16人を含む150人が感染していて、5216人が隔離されています。韓国政府によりますと、感染者150人は全員が病院内での感染
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000052622.html
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード