日々感じたことを書いています。

安藤が逃亡

馬鹿げた新国立競技場を選定した審査委員長の安藤が逃げている。

新国立競技場建設の事業主体である日本スポーツ振興センター(JSC)が外部の有識者に建設計画を説明する7日の会議を、有識者の一員でデザインの審査委員長も務めた建築家の安藤忠雄氏が欠席する意向を固めたことが分かった。

他国で5-600億円で作ってきた競技場に、屋根なしでも2500億円の見積もりとなり、これからの人件費や材料費の高騰に、屋根の工事費で、更に高騰するに違いない、馬鹿げたとしか言いようのない価格で醜いデザインの設計を採用した責任者の安藤はなぜ逃げる。説明する責任があるはずだ。

銀色の便器のような珍妙なデザインの新国立競技場に馬鹿げた価格を投じる意義があるというのであれば、安藤は、その価格の正当性を有識者に堂々と説明すべきだ。それが審査委員長としての責任だ。それなのに、有識者への説明会には参加しないという。第一このデザインをゴリ押ししたのは安藤というではないか。その選択が批判されるや否や、雲隠れだという。 安藤とは、なんという卑怯な男であることか。

安藤が説明責任を放棄するならば、安藤の選択には客観的な正当性が無かったということの証明であるから、審査委員会の決定を白紙に戻すべきである。妥当な価格で、工事が間に合う設計を今回の審査委員会の関係者を排除した審査会で新たに選ぶべきだ。屋根まで含めれば、3000億円を超えるであろう新国立競技場だが、オリンピック後は、その運営をどうするつもりか。莫大な維持費が残り続ける、国や都に赤字を生み続ける負の遺産でしかない。ギリシャもオリンピックで破産寸前だが、現デザインの新国立競技場を仮に建設することになれば、文科省の暴挙の象徴でもあり、日本がギリシャの後追いをするシンボルとなることであろう。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード