日々感じたことを書いています。

国立便器風競技場に税金使いたいですか?

社会保障費に使うと称し消費税を上げておいて、実際は公務員の給与アップと海外へのばら撒きに使っている安倍政治のデタラメぶりだが、安倍のデタラメぶりは新国立競技場建設案でも見てとれる。新国立競技場は安倍の放漫散財のシンボルでもある。

誰が見ても巨大な便器にしか見えない代物が最低2500億円。そのうち、そっと5000億円になりましたとか言い出すに違いない。オリンピック競技場の世界の相場は500億円程度というから、そのとんでもない価格が分かる。

ando.jpg

この新国立競技場の屋根は開閉式天井だという。天井を閉める理由は、競技場が多目的でコンサートを行う際の音漏れを防ぐためだという。だが、10万人近くのコンサートなど年に何回あるとういのか。せいぜい数回であろう。そのために開閉式天井を設置する必要があるだろうか? 巨大な開閉式天井の維持費は年に数億円はかかることだろう。更に10年後にやってくる開閉のための動力部分の大規模修繕費用を年に均せば、実際は、維持費は数十億円は下らないに違いない。そのような額を年に数回のコンサートのために設置するのは、コスト的にありえない。巨大な赤字が積み重なっていくだけだ。多目的は経済的には馬鹿げている。屋根付きコンサートならば後楽園で行えば良いではないか。新国立競技場でやる必要はない。

新国立競技場は、陸上や球技専門のオープンな天井で良い。そうすると費用は十分の一の250億円程度で良いはずだ。建築費は安くなり、それで維持費も安くなる。維持費が安ければ、競技場使用料も安くできる。そうすると稼働率も上がる。それが国民のことを考えた経営というものだ。更に、建築の構造がシンプルなので、時間的にもラグビーにもオリンピックにも十分間に合う。

人の乗降が減った渋谷駅や、危険極まり無い熊本駅の設計で悪名高い巨匠安藤は、建築費が税金か出ることなど考えてもいないに違いない。無駄金のかかるものでも平気で選ぶが、選んだ理由は説明できない。説明は放棄した。 新国立競技場の金を出すのは国民である以上、国民の望むものを作るべきだ。安藤や、森元や、安倍のための建築ではない。

安倍の悪政の象徴とも言える、税金使い放題の現在の新国立競技場計画は即刻止めるべきだし、計画を止めさせることは、安倍の国民無視の政治にストップをかけることの端緒となる。国民の世論で現行の新国立競技場現行案は廃案にすべきだ。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード