日々感じたことを書いています。

ロッテ内紛劇

韓国の現代劇であるが、出場人物の個性が強烈すぎて荒唐無稽に思えるほどであるが、そのような韓国ドラマはひょととしてノンフィクションに近いのだろうかと思わせる事件が起きている。

ロッテHD関係者によると、副会長を解任されていた長男の宏之氏(61)が27日、高齢の武雄氏を伴って東京・新宿本社を訪れ、次男の昭夫副会長(60)を解任すると社員に伝達した。しかし、昭夫副会長が主導する取締役会は28日、その効力を認めず、「再発防止のため」として創業者の人事を決めたという。

創業者武雄氏の長男宏之氏が日本ロッテの事業を引き継ぎ、次男昭夫氏が韓国ロッテの事業を引き継いだ。その結果、韓国ロッテの方が日本ロッテよりも大きくなってしまった。そのため、ロッテの実権は次男の昭夫副会長の力が強いのであろう。だが、韓国ロッテは必ずしもうまくいっていないようだ。高さ555メートルの「ロッテワールドタワー」の人気が落ち込んでいる。

ソウルでは95年に江南にあった三豊百貨店が崩壊するという事件があった。韓国人が韓国の建設の技術力を信用していない。そのため小さな不具合も、大きな不安感を抱かせることになる。ヘタをするとワールドタワーはロッテの墓標になりかねない。

かと言って、日本ロッテは韓国ロッテのライバルでさえない。日本のロッテだが、野球チームとガムとロッテリア以外は思いつかない。事業の規模が韓国ロッテに比較すると圧倒的に小さい。三本の矢どころか二本の矢でさえまとめることは難しいのだろうか。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード