日々感じたことを書いています。

ネンミョン

ぼくは韓国へ来るときは2番目に安いくらいの飛行機で来て、2番目に安いくらいの宿に泊まっている。そのような低予算に合う食事ということで、観光客が行くようなレストランにも行かず、もっぱら地元の人が行くようなところで食べている。最初困ったことは、メニューが読めない、読めても意味が分からないことだった。しかい、NHKラジオ講座の先生方のおかげで読めるようにはなったが、意味は食べてみないと分からないので、経験が必要だ。安食堂で壁に貼ってあるメニュー表を読みながら、メニューを決めるが大半が何かわからない。分かるものから注文する。わからないものを注文する隣がいれば、どのような食事が運ばれて来るかを観察すれば、わかるメニューを増やせることにつながる。

今日昼間食堂でネンミョン(冷麺)を注文した。そうしたら店の人が「ピビンネンミョンかムルネンミョンのどちらか?」と尋ねられた。ピビンパならばわかるが、何を言っているかわからなかった。適当に、「ムルネンミョンをください」と答えた。壁に貼ってあるメニューを見たら、確かに「ピビンネンミョン」というものがあって、その下に写真が貼ってあった。ネンミョンの上に具がたくさん乗っていた。その具を麺とかきまぜて食べるものらしい。しかし、写真が載ってるということは、韓国人にも分からない新メニューだからなのだろうとは思う。外国語の勉強とは、言葉と生活の背景の両方を知ってこそ初めて向上していく。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード