日々感じたことを書いています。

自然堤防を削れば決壊するに決まっている

茨城県常総市の堤防決壊だが、もともと自然堤防としてあった木に覆われ厚みのあった小山のような連なりを薄い線状の堤防に変えた結果決壊したようだ。工事後の断面図を見るとそう見える。自然堤防はただの土だから、薄くすれば、水の侵食ですぐに壊れることは明らかである。

薄くするならば、コンクリートの堤防を作ってから後薄くするべきであるし、私有地だからと言って公共性のある自然堤防を勝手に薄くするなどということがなぜ可能なのだろうか。建物の高さなどでさえ条例で規制されるのに、人の命や財産がかかる堤防を壊れるように工事することがなぜ許されるのか全く理解できない。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード