日々感じたことを書いています。

戦争法案の最初の適用

戦争法案が通る前に、テレビのインタビューで戦争法案に賛成する人は、中国の脅威に対抗するために必要と答える人が多かった。戦争法案で、中国と戦える美しい国を夢見た人が多かったのであろう。

ところが戦争法案が通って、最初の自衛隊の任務は、南スーダンでの駆けつけ警護という名前の戦争ということだ。南スーダンの少年兵との殺し合いが始まるのだが守るのは、南スーダンで大きな石油利権を持つ中国人たちということになる。しかも戦闘は、中国兵と共同して行うこともあるだろうということだ。安部を支持する人たちの思惑とは逆に、中国兵とともに中国人を守ることが、戦争法案の適用事例となる。

米国の犬に相応しい展開となっているが、日本国憲法をこのように自衛とは無関係の戦争で破ることを、安倍支持者たちは、どう考えているのだろうか。安部に犬死させられる自衛隊員や家族はどう考えているのだろうか。このような目にあわされ、また日本をこのような破滅的な状況位に追い込んでおいて、安部をなぜ支持するのか。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード