日々感じたことを書いています。

KARA横浜パシフィコ公演

昨晩KARAの横浜パシフィコでの公演に行ってきた。2015日本ツアーの10回目の公演だ。生憎の小雨混じりの日だったが、観客は相変わらず子供から老人までいて、まさに老若男女で構成されていた。コアなメンバである、各メンバのうちわ隊が大勢集まって気勢をあげていた。写真を撮りたかったが、携帯を忘れていて撮れなくて残念だった。

公演では、新メンバのヨンジがKARAにすっかり馴染んでいた。馴染むところか、KARAを代表するような歌手に育つのではないかと期待させるものを感じた。歌手だから当然のことだろうが、ヨンジは歌が上手い。ツアーも10回目の公演で疲れてきているはずだが、ヨンジは元気溌剌だった。さすが若いからだろうかと思うほど勢いがあった。

今回はすごく良い席が当たり、前から6列目くらいだった。彼女たちの表情が目の前に見られた。自分の番でないとき、スポットライトの影になる。そのとき自分の表情にもどる。息を整えたりしているのが目の前に見えた。ヨンジはというと、そういう時でさえ楽しそうだった。リラックスしているのがこちらにも伝わってきた。

二人のメンバが抜けた後に、Baby KARAという企画で新メンバを選んだ。その企画はリアルタイムでネットで公開され、選抜が進んで行った。日韓のファンたちの投票も新メンバを選ぶ大きな要素だった。白状すると、ぼくは、ヨンジ以外の候補の方が良いと思っていた。体調不良でBaby KARAとしての催しに出られないとき、メソメソとしていた。そのように性格が弱いと、プロの世界では無理ではないかと思ったからだ。だが、ヨンジの日本での人気はすごかった。韓国よりも日本で人気があった。韓国では、少女時代などを見ても分かるが、歌手への好みが、日本人とは少し違う。だが、ヨンジのほんわかした性格と、アイドルのような可愛らしいルックスが日本のKARAファンの絶大な声援を呼んだ。最後の選抜の経緯は分からないのだが、日本のKARAファンの声援が大きく効いたのではないかと思う。ぼくも、ヨンジがKARAのメンバに選ばれてからは、応援している。

新メンバとしてヨンジの参加が決まり、1年が過ぎた。今回の公演を見て、その選択は正解だと思えるようになった。KARAの中で最初はヨンジの存在感は小さかったのが、だんだんと大きくなってきている。ほんわかとした性格のぶん器用さはそれほどではないが、自分らしさを出すようになったときには、大きく飛躍するタイプだと思う。そんな大物の雰囲気がある。

ヨンジがKARAの前面に出たとき、これまでとは違った新しいKARAの魅力が出るもの思う。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード