日々感じたことを書いています。

研究への情熱

今年のノーベル医学・生理学賞は北里大特別栄誉教授の大村智氏とのこと。すばらしいのは、政府支給の研究費は国公立に較べれば非常に小さい私立大学での研究にもかかわらず、ノーベル賞をもらえる結果を出したことだと思う。報道によると、大村氏の研究は、

イベルメクチンは世界保健機関(WHO)を通じ、アフリカや中南米などで延べ10億人以上に無償提供され、多くの人々を失明の危機から救った。

とのこと。まさに画期的な成果だったことが分かる。大村氏自身が次のように言っている。

「世の中に役立つ仕事を一つでも二つでも余計にやりたいと思って研究を重ねてきた。それが、北里研究所の実学の精神だ」

研究費は乏しくとも、世の役に立ちたいという溢れる情熱がノーベル賞を取らせたことが、この言葉から分かる。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード