日々感じたことを書いています。

日常をとりもどす

SEALDsによる抗議集会が今日渋谷で開かれたと報道されている。記事には、若い女性が「日常をとりもどす」と手描きのプラカードを抱えている写真が添えてあった。

学生たちの願いの全てがこのプラカードに込められているように感じた。安部、及び自民党と公明党は、「戦争のできる美しい国」を目指して昂ぶっているが、そのような妄想に取り憑かれているのは、統一教会や創価学会のカルト宗教に取り憑かれてしまっているからだ。そのように宗教に頭を冒されてしまっているのは、安倍のような人間たちだけだ。半島宗教に無縁の大多数の日本人は、人を殺しにいってまで日本の利益を拡大しようなどとは考えてはいない。しかも、安倍の行おうとしている戦争とは、米国の命じるままに行う、米国のための戦争だ。米国の命じるままに、イラク侵略戦争に参加して、今なお何の反省もしていない自民党政府の歴史の上に安部の米国盲従主義がある。

今、安部の暴走を止めないと、SEALDsの年代世代直接侵略戦争の担い手になってしまう。直接殺したり、殺されたりする当事者になったり、銃後の守りを強制されることになる。全ての殺し合いは米国の利益ためだ。愚かなる戦争法案にまともな人間ならば賛成するはずがない。半島カルト宗教連合が日本を乗っ取り日本を戦争に投げ込もうとしているが、「日常をとりもどす」というささやかな願いが日本人共通の願いとなり、ひとつの声となったときには、戦争推進の半島宗教も敗れさることだろう。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード