日々感じたことを書いています。

子供にセシウムを吸わせる”被ばく”イベント

女性自身の記事「子供がセシウムを吸い込む”被ばく”イベントが福島で決行された!」を読み、福島県、国土交通省や環境省、復興庁に怒りがこみあげてくる。「食べて応援」も農水省のキャンペーンだし、役所の仕事は子供を殺すことか?

多くの子どもたちに、高線量のゴミを拾わせ、掃除で舞い上がった埃を吸わせるイベントを、「復興のため」という美辞麗句で、子どもたちの善意を利用する。子どもたちの健康を気遣うならばマスクぐらい配布すべきだろうが、それさえもしない。 こういう鬼畜と呼ぶに相応しい行為を行う役人どもの給与は、国民の税金から出ている。 そのくせ、彼らの目標は彼らの生活を保証してくれる国民を守るためでなく、原発で潤う原発村の一部の者の利益を守ることである。役人には良心というものがないのか。

学生やその親御さん、その他すべての日本人は、被曝者が病気になる確率は放射線量に比例するということを覚えておいて、それを無視するようなイベントは、鬼畜どもが自らの懐を潤すために仕掛けた罠だと知っておいてほしい。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード