日々感じたことを書いています。

これからのドイツの景気

ドイツだが、フォルクスワーゲンが不祥事を起こした。不祥事が起こる前には、日本のテレビで「ご機嫌ワーゲン」のCMが盛んに流されていた。CMの出来はよく、ぼくのように自転車しか乗らない者にも車が実に楽しそうなものに見えた。 更に、販売台数がトヨタを超えて世界一になったとの報道も一時あった。 全てがうまく行っていたように見えたVWであったが、瞬く間に暗転した。虚偽の申告により消費者に車を買わせたその倍賞はいくらになるだろうか。倍賞立国米国がいくら請求するのだろうか?

VWだけではない。Deutsche Bankが3万5千人もの従業員を解雇するという。約7万8000人の従業員であるから、半数近い従業員を首にするということだ。原因は、よく知らないのだが、原油デリバティブに失敗したらしい。また、今年だけで、80万人が難民申請をするらしい。

ドイツはEUの経済を引っ張ってきたが、今年は次から次へと試練が襲ってきている。来年は難民問題は更に深刻になる。VWやDeutsche Bankが回復に向かうかどうかも不明だ。一度落ちた信用を取り戻すには、何年もかかる。

また、EUは中国が貿易に占める割合が大きい。2014年の統計によると
(1)輸出 米国(16.9%)、中国(10%)、スイス(8.7%)、ロシア(7.0%)、トルコ(4.6%)、日本(3.2%)、ノルウェー(2.9%)
(2)輸入 中国(18%)、ロシア(10.8%)、米国(12.2%)、スイス(5.7%)、ノルウェー(5.0%)、日本(3.2%)、トルコ(3.2%)
となっている。その中国の経済状況が、これまでほどではなくなってきた。

これらを総合すると、ドイツおよびEUのこれからの景気はしばらく試練の時となりそうである。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード