日々感じたことを書いています。

大横綱

ぼくは相撲が子供のころから好きで、誰のファンかというと強い相撲取りのファンだ。北の湖の現役のときは強いので好きだった。現役のころ、偶然に街中で歩く北の湖を見たことがあったが、身体の幅がありしかも張りがあり実に強そうだった。大腸癌で亡くなったが、「強い横綱も病気には勝てなかった」との発言も聞かれるが、ぼくはそうは思わない。

死ぬ寸前まで、理事長として相撲界のために働き続けた。病気を理由に仕事を止めることはしなかった。病気に一歩も引かなかった。「仕事中に倒れれば本望」ということを1年ほど前に漏らしていたそうであるから、死ぬかもしれないことを覚悟はしていたのだろう。 覚悟を決めて、相撲界の発展になるための努力を最後の最後まで惜しまなかった。気性の激しさは相撲人生で磨きをかけられたのだろう。最後まで弱音を吐くことはなかった。癌という病気も北の湖理事長の仕事を止めることはできなかった。

北の湖は、強靭な肉体だけでなく強靭な精神力の持ち主であったのだと思う。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード