日々感じたことを書いています。

名目上ミサイル事実上ロケット

マスコミは、長距離弾道弾ミサイルと煩く騒いでいるが、仮にミサイルであれば弾頭に爆弾を積んだものであるから、この発射は被弾予定国に対しての攻撃であることを意味し、被弾予定国と北朝鮮の開戦を意味する。ミサイル発射であれば戦争が始まったはずだから、マスコミは北朝鮮とどこの国との戦争かをはっきりさせる必要がある。それができないならば、ミサイルか人工衛星かをはっきりするまでロケットと呼ぶべきだ。ミサイルと決めつけることは、正しくなく、報道と呼べるようなものでなく、政治的意図を持ったプロパガンダである。

自民党の考えは、高村がいうように「(安保法により)限定的な集団的自衛権を備えないと、日米同盟がうまくいかず、北朝鮮の脅威から国を守れない」ということで、北朝鮮の人工衛星発射を集団的自衛権の理由付けの強化に利用することだ。石垣島の大げさな迎撃ミサイルの配置にしても、危機を煽る茶番劇としか思えない。


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード