日々感じたことを書いています。

丸川が川内原発を止めない理由

丸川担当相の発言は以下のように報じられている。

 丸川珠代原子力防災担当相は16日午前、熊本地震の非常災害対策本部で、運転中の九州電力川内原発(鹿児島県)について、観測された地震動が自動停止させる基準値を下回っているとして「現在のところ、原子力規制委員会は停止させる必要はないと判断している」と報告(http://news.yahoo.co.jp/pickup/6198046)

大分も熊本地方が震源のときは、それほど大きな揺れではなかった。だが、震央が移動してきて大分になったとき大きな揺れとなった。震央の移動は、中央構造線に沿って移動している。中央構造線の逆方向の移動した近くに川内原発がある。川内原発の近くには、現在の熊本地震と同様に活断層があることが知られているので、そこを震央とする地震が起こる可能性が高い。だから、止めろと書いた。それに対して、規制委員会の判断は、熊本が震央の地震では揺れなかったから止める必要はないという。彼らには、震央が次々とずれているという認識が全くない。この不十分な地震の認識を、、丸川原子力防災担当相は妥当なものと理解して、原発を止めないという。

この人は、福島第一事故から何を学んだのだろうか? こういう人が原子力防災担当相などやる資格があると言えるか。自公には、この程度の人間しかいないと言うことだろう。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード