日々感じたことを書いています。

自公に屈服する民進党岡田

国民の世論調査を見ると、原発再稼動に反対する国民の割合が5割を超えている。このような状況で、自民党と公明党は原発再稼動賛成であり、この点で反日の党である。民進党の役割は、そのような世論に反する自公政権に反対し、彼らから政権を奪い、国民の願いを叶える施策を行う政権になることかと思う。自公と同じ政策の民進党では、存続の意味もないし、選挙で民進党を国民が投票する理由もない。 ところが、民進党の岡田が安倍と対談した結果が次のようであった。

岡田克也・民進党代表、川内原発の停止求めず
http://www.huffingtonpost.jp/2016/04/20/sendai-nuclear-power-plant_n_9743686.html

民進党の岡田克也代表は20日、首相官邸で安倍晋三首相と会談し、熊本地震を受けて九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)について、避難計画の再検証などを行うよう申し入れた。党内には「一時停止」を求める意見があったが、原発推進派に配慮したとの見方が出ている。


この態度から明らかなように、岡田は選挙に勝つ気など端からない。安倍政権が永遠に続けば良いと思っているに違いない。民進党は安倍の応援団にすぎない。自公と同じ政策の野党に、存在意義はない。国民の命の安全を脅かす川内原発を地震が活発化し、震央が鹿児島へ迫っている中で止めないとは、どれだけ売国奴なのか。国民の命を無視する民進党などとっとと消えてしまえ。 記事を読むと、民進党の中には、フランケン岡田と別の考えを持つ者もいるようだが、そうであればフランケンを党から追い出してしまえ。フランケンは自公の代議士のカバン持ちでもやっていろ。自公jの対立軸を確立しないかぎり、野党の存在意義はない。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード