日々感じたことを書いています。

もんじゅ廃炉か

もんじゅ廃炉のニュースがある。

原子力規制委員会が、運営主体の変更を求めている福井・敦賀市の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が、廃炉の方向で最終調整に入っていることがわかった。
(http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00336096.html)


だが、管や松野門下大臣は決まっていないとのことだ。

菅官房長官は、閣議のあとの記者会見で、「もんじゅ」の今後の取り扱いについて、「現在、文部科学省と関係省庁、機関が連携し、政府として対応を検討しているところであり、現時点で何らかの方向性を決めたという事実はない」と述べました。
(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160913/k10010683621000.html)

松野文部科学大臣は、高速増殖炉「もんじゅ」について、一部の報道で、「政府が廃炉にする方向で最終調整している」と報じられたことについて、「現時点で政府として具体的な方針を決定しているものではない」と述べました。
(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160913/k10010683621000.html)

1Wの電気も発電できなかったもんじゅには恐るべき高額の予算がつぎ込まれてきた。1兆円以上である。もんじゅへの予算は浪費にすぎないが、これは、原爆大量生産計画を隠蔽するために、核燃料サイクルという実現不能なスキームを維持したことが理由であった。愚かなことは、止める方がよい。日本の将来のために、まともな思考をすべきだ。1兆円の予算を効率の良い自然エネルギーや蓄電池の研究に回していたら、この方面で日本は最先端を走り、日本の大部分の電気を自然エネルギーでまかなっていただろうし、産業としても日本を支える基幹産業であったにちがいない。もんじゅとは、核戦争に取りつかれた一部の人間が日本をつぶす象徴であろう。

「もんじゅ」での研究開発の事業費(予算)は、10,410億円(昭和55年度~平成28年度)です。
(http://www.jaea.go.jp/04/turuga/anncer/page/kaitou/kaitou2-1.html)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード