日々感じたことを書いています。

localがglobal

「君の名は。」が2日から中国でも上映されている。3日までの2日間で興行収入は26億円だという。この調子で行くと、日本の興行収入を塗り替えるだろうし、中国での映画史上何位ほどの興行成績になるのか興味がある。流行りの3Dアニメでない、2Dで描いた日本的な映像に世界が魅入られている。少なくともアジアでは熱狂的に受け入れられている。欧米での興行も始まるのだろうが、彼らはどう見るだろうか。

僕は子供のころは忍者にあこがれていた。熱狂的に忍者のファンであったが、日本人が西部劇を見るように、外国人が忍者映画を見る日は来ないのだろうと考えたことがあった。超人的能力を得るために麻の実を植えて日々背が伸びるのに追い越されないようにジャンプの練習をして初めて超人になることを理解した上でないと、忍者映画を面白く見られないだろうと思った。だが、それは杞憂であった。亀忍者などというものさえ現れ、米国のニンジャはデンマークではニンニャとなり世界中の子供たちに馴染み深い存在になってしまった。日本人が熱中するものであれば、他の国でも熱中するのだ。世界で勝負する人は、世界を意識する必要はない。自分が熱中できるものに没頭すればよいのだろうと思う。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード