日々感じたことを書いています。

apaの危機

paホテルには泊まったことがある。成田からの飛行機が早かったので、成田に近いapaホテルに泊まった。新しく大きくきれいなホテルであった。よく覚えていることは、中国人の団体が多かったことと、普通ホテルのベッドの横には宗教書がおいてあるものだが、そこにはapa代表で安倍晋三の友人と知られている人が書いた本がおいてあった。

それは、宗教書ではなく歴史に関する随筆のようなものであった。どのような歴史観かは、安倍晋三のお友達であるから内容は自ずと想像されるが、チラ見したら想像した通りであった。この本を読むことが義務であれば、apaに泊まるのは嫌だなとも思ったが、義務ではなかった。嫌なら読まなければ良いと思っていたのだが、中国人に読まれてこの数日問題になっている。

安倍晋三のお友達の考え方が中国人の反発を買わないはずがない。中国政府は怒り心頭で、apaホテルへの宿泊を旅行会社に中止させたようである。そうすると、大量に中国人旅行客を受け入れていたapaから、中国人客がいなくなることになる。そうすると、apaホテルはガラガラになるのではなかろうか。

apaと言えば、テレビのCMを見ていると、毎週のごとく新しいapaのホテルがどこかに立っているような勢いである。これらのホテルにも、すべて中国人が泊まらないとすると、apaグループは資金繰りに行き詰ることであろう。銀行から資金を借りてのホテル運用だろうが、このままだと行き詰まることは間違いない。apaは、今は本をひっこめることを拒んでいるが、apaが本をひっこめるのは時間の問題だろう。

安倍のお友達は自分の本を読んでもらいたければ、本屋におけば良いだけの話ではないのか。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード