日々感じたことを書いています。

中国ロシアの動き

非常事態で北朝鮮をバックアップするためのロシア軍と中国軍に動きがあるようだ。仮にこれらの動きが事実であれば、米国は身動きできなくなる。 この状況下で、金正恩は原発やミサイルの実験をやるかもしれない。しかし、いくらトランプでも世界大戦を始める覚悟で、北朝鮮を攻めることはできないだろう。政治に素人であったトランプは、金正恩の力を見損ねていたということになる。選挙時に発言していたとおり、金正恩を米に招き、ハンバーグを食べながら話をしておけば良かった。今からでも遅くはない。


1.ロシア軍

ロシアのペスコフ大統領報道官は21日、同国軍が北朝鮮との国境に向けて装備や部隊を移動させているとの一部報道について、コメントを拒否した。

ロシア通信(RIA)伝えた。ロシア国内の部隊の配備については、情報を公開しないとしている。

これに先立ち、ロシア極東の一部のメディアは、軍の装備が北朝鮮との国境に向けて移送されているとの地元住民の話を伝えていた。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7463.php


2.中国軍

 朝鮮半島情勢が緊張するなか、中国人民解放軍5大戦区の一部の部隊は11日、北朝鮮での有事に備えて臨戦態勢に入った。北朝鮮で軍事行動が起きた場合、軍当局は約2万5000人の兵士が中朝国境地帯に派遣するとみられる。

 香港に本部を置く中国人権民主運動情報センターによると、人民解放軍当局は11日、北部戦区26集団軍の機械化歩兵77旅(山東省?坊市)、中部戦区65集団軍の機械化歩兵196旅(天津市)、東部戦区1集団軍の機械化歩兵3旅(浙江省金華市)、南部戦区14集団軍の歩兵40旅(雲南省昆明市)と西部戦区47集団軍の装甲9旅、計2万5000人の兵士に対して、4段階に分けられる臨戦態勢レベルのうち一番低いレベルである4級態勢に入ったと宣言し、兵士らに中朝国境への派遣に備えるようと指令を下した。

 一方、一部のメディはこのほど、人民解放軍はすでに中朝国境に15万人の兵士を派遣したと報道した。これに対して、10日の中国外交部定例記者会において、華春瑩報道官は「状況を把握していない」「この情報はどこから入ってきたのかはわからない」と言葉を濁した。

 中国国内インターネット上で一部の国民は、華報道官のあいまいな返答は、軍がすでに兵力増員したことを証明したと指摘した。
http://www.epochtimes.jp/2017/04/27090.html
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード