日々感じたことを書いています。

マレーシアでの食事

海外旅行の楽しみのひとつは、物価が安い国で円の強さを実感することもあると思う。一番実感できたのは、昔東欧諸国に入ったときのこと。3名が食事をしてビールをかなり飲み、3名分で500円ほどであった。

マレーシアは、それほどでないが物価が安い。ホテルで食べると銀座で食べるのと変わらないほど取られるが、町の中の現地の方が行く食堂だと、たとえばナシゴレンが130円ほどで、ミルクティーをつけて30円ほどで食事がとれる。これは感動的であった。マレーシア語は難しくないと現地の人が言っていた。過去現在未来みな同じ言い方らしい。レストランのmenuはある程度勉強して、辞書があればすぐに理解できそうであった。

nasi gorengは焼き飯。nasiが米、gorengが炒めるの意味である。
nasi goreng ayamだと、ayamがチキンなので、チキンを具に使った焼き飯である。
nasi ayamだと、ごはんと鶏だから鶏飯のこと

イスラムの国であるから、他の宗教以外の人は豚を食べない。その代わり、代用品が発達している。ソーセージは鶏肉で作る。ベーコンは、薄い牛肉で作る。最初ベーコンだと思って食べて、牛肉だったのでびっくりした。豚以外の肉はなんでも豊富にある。

飲み物だが、

tehは紅茶
kopiは韓国語と同じでコーヒー

は勉強しなくてもわかる。ただ、紅茶もコーヒーも練乳と砂糖をたっぷり入れて飲む。甘い子供用の飲み物のようにして飲む。それはそれで美味しい。疲れが取れる。

豚はないのだが、何を食べてもおいしかった。ただ、アルコールはイスラム圏では一般には禁止である。ただ、豚肉と同じで、他の宗派の人も多く住むので飲めるところも多い。ぼくは、帰りの飛行機で、ビールを注文して飲むまで、1週間いた間はアルコールは一滴も飲まなかった。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

takao

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード