日々感じたことを書いています。

高速上の大風車

華政の世界

前も書いたが、「華政(ファジョン)」という韓国ドラマを楽しみにしている。朝鮮王朝15代の光海(クァンへ)とその周りの人の話だ。光海は王座を安定化させるため、兄弟をも殺す。光海が王座の維持に不安を持った理由は、彼が世子(せじゃ、嫡子)でなかったことがある。光海の妹の貞明公主が、毒殺されそうになる場面があった。夾竹桃から取った毒を首筋に塗られるだけなのだが、それで苦しそうになって気絶した。

この画面を見て思い出したのは、金正男の暗殺シーンである。2秒で殺したシーンである。更には、金正恩は長男でないので世子ではない。金正男が金正日の長男であるから、本来世子のはずである。北朝鮮大使館員が事件に拘っていたらしいので、金正恩が犯人と思って間違いないだろうが、その動機は光海の兄弟殺しと同じなのだろう。李氏朝鮮王朝は金王朝に受け継がれたかのように感じる。

東芝は原子力と無縁となることだけが生き延びる道だ

東芝の報道を見ていると、利益を上げることのできる部署は売り払い、原発を主体にする企業にするしか生き延びる道は無いと言っている。しかし、それは自死する方法であって生き延びる方法ではない。原発に未来はない。海外で東芝が原発を作って儲ける未来はない。原発というのは、工事を初めて完成まで10年ほどかかる。明日工事を初めても、完成するのは10年後だ。そのとき、原発による発電のコストは、太陽光発電の10倍以上で、原発で発電をする意義がない。このため原発を中心にする東芝は、単に赤字を雪だるま式に増やし行く企業でしかない。100人中100人がこのことを理解しているはずだ。残念なことに、東芝の役員はこの100人の中に入っていない。珍しいほどの愚かな人間のみが東芝のトップに立ち続けたということだ。昔は、土光会長のように優秀な方がおられたのに、なぜここまで堕落したのか。理由はひとつだ。原発を推進する人間がトップに立ってからだ。企業の柱に原発を入れることは、癌細胞を体内に入れることに等しい。癌細胞で身体が死ぬように、東芝は原子力事業で死ぬ。

だが、まだ道はある。17万東芝従業員は、現東芝役員の原発の東芝の方針を止めさせることだ。あるいは、そのような方針を謳う役員を止めさせることだ。東芝の役員は経産相の利益=米国の利益のために東芝を破綻へ導こうとしている。背任罪で彼らを糾弾し、原子力とは無縁の東芝に戻すべきだ。冷蔵庫を作り、電気釜を作ったときの創意工夫の東芝の時代に戻すべきだ。

東芝が唯一生き延びる方法

子会社を含め17万人の従業員数を持つ東芝の破綻が間近に思える。東芝は、経営の柱を半導体と原子力の2本とした。その原子力を強化するためと称し、経営ド素人集団でしかない経産省の勧めを聞き、米国のウェスティングハウス社を買ったが、大きな負債を背負っただけであった。この間大きな稼ぎ頭のフラッシュメモリ技術者が、東芝を解雇され韓国サムスンに再就職後に、サムスンを半導体世界一の企業へ押し上げることのなった。東芝の会長が原子力の専門家であり、原子力村の住人であることが、東芝の経営方針を狂わせてきた。東芝は、かってノートpcの世界最先端企業でもあった、テレビも画面がきれいな製品を作っていた。しかし、そのような売れる製品は、政府の仕事を請け負うだけの気楽な原子力産業を経営の中心に据えることにより、工夫して売れる製品を作ることを放棄してしまった。

東芝の再建は、経営の柱のひとつの原子力を売り払い、東芝を原子力と無関係の企業にすることしかない。ベストな方法は原子力部門を経産省に売りつけることだ。原子力発電は10年以内に、全世界から消える。太陽光発電が、あと5年もすれば、発電費が原子力発電のコストの1/10になる。発電手段として、危険でコストのかかる原子力発電の存在意義を無くしてしまう。そのような時代が迫っている今、東芝は利益をあげられる半導体部門を米国に献上し、消滅明白な原子力部門を経営の中心にするという。馬鹿かと思う。

売国役人の巣窟経産省の策略にまた嵌まろうとしているのか。半導体部門を海外に売るなど策としてあり得ない。潰れること確実の未来のない原子力部門を売るしかない。経産省に売りつけろ。負債は利子が嵩むだけであるから、ゼロ円で売っても良い。それが唯一東芝が生き残る道だ。

キャベツと白菜

英語で白菜のことをchinese cabbageという。アジアから来たキャベツということだったのだろう。 白菜は韓国語では배추という。固有語であって漢字語ではない。漢字語だと백채というはずだが、そうではない。だが、この二つの発音はよく似ていると思うので、何等かの関連があるのかもしれない。韓国語でキャベツは何というかというと양배추という。白菜に양が付いている。推測だが、양は漢字では洋でないかと思う。洋は西洋にも東洋にも使うが、洋行は西洋への旅行であるので、洋だけで西洋の意味があると思われる。ただ、これは私の推測なので確認したわけではない。

(追加)
中国語辞典によると、洋白菜はキャベツの意味である。したがって、양배추は重箱読みのようなもので、洋+白菜を漢字語+固有語で読んだものと思って間違いないと思う。
プロフィール

Author:takao
何かありましたら、mttakao◎hotmail.com(◎は@に直してください)まで連絡ください

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード